ホルモン剤は効果が出るのが早い?

ytdjyd
生理不順や生理痛、不妊、更年期障害など、主に女性の体のトラブルに対する治療薬としてホルモン剤が注目されています。医師から処方されることも多くなり、美容効果などを望んで好んで使用する人もいます。
効き目が十分に評価されていることも事実ですが、副作用もあるので注意して使用しなければなりません。効果がでるのが早いとも言われているホルモン剤ですが、その効果や使用する際の注意点について説明します。

ホルモン剤は即効性が期待できる

ホルモンは特定の器官や組織に直接作用して、変化をもたらします。そのため、ホルモンを補充したり、働きを抑えたりするホルモン剤は、効果が出るのが早いと言えます。
ホルモン剤投与によって特に効果が期待できるのは、自律神経失調症です。ホルモンの分泌は自律神経とも大きく関わっています。そのため、ホルモンバランスが乱れているときは自律神経の働きも乱れていることが多いです。ホルモン剤の投与によってホルモンバランスが整えられれば、自律神経のトラブルも解決しやすくなります。
自律神経の乱れからホルモンバランスが崩れている場合は、ホルモン剤によって改善が期待できます。ですが、原因がストレスや環境の変化によるものだと、勝手が違ってきます。ホルモン剤の投与の他に、抗うつ剤やカウンセリングなど、ホルモンバランスを崩している根本的な原因を改善する必要があります。
即効性や改善が期待できる症状はありますが、全てに効くわけではありません。むしろ、ホルモン剤を使用する場合には、注意しなければならないことがたくさんあります。

ホルモン剤の使用には注意が必要

ホルモン剤には副作用があります。エストロゲンだけを摂取して、過剰摂取になると、乳がんや子宮筋腫など女性特有の病気になるリスクを高めてしまいます。
また、効果がでたと思ってやめてしまったり、効果がでないと思って途中で投げ出したりすることもやめましょう。処方されたとおりに服用し、効果を実感できるかなど、経過を報告するといいです。それぞれの体質や症状にあった、より効果的な治療方法にたどり着けるかもしれません。症状を改善するためにも、自己判断やホルモン剤に頼りすぎずに、総合的に治療を行えるようにしてください。
体質や生活習慣によっては、ホルモン剤を使用できない場合があります。無視して使用してしまうと、重大な疾患を誘発してしまいます。たばこを吸う習慣がある人や、高血圧で心筋梗塞や脳卒中など血管系の病気が心配される人は、ホルモン剤を服用することはできません。
使用を考えている場合には、必ず医師の指導のもと服用するようにしてください。ホルモン剤は、処方せんがなくても、インターネットなどで購入することができます。十分な知識がないまま自分で購入し、勝手に服用してしまうと、副作用のことなど対処が不十分になってしまいます。

効果はホルモン剤の種類や人によって違いがある

効果がでない場合には、生活習慣など外的な要因が関係している可能性があります。即効性があると言われている分野でも、症状が複数の要因によって生まれていたら、ホルモン剤が効果を発揮しにくいです。ホルモンのバランスを崩している原因をなくすことが大切です。
ホルモン剤の働きをより効果的なものにするためにも、ホルモンバランスを整えるような生活を起こることが大切です。食事や睡眠など、できることから改善していきましょう。

新着情報

◆2016/08/22
ホルモン剤は効果が出るのが早い?の情報を更新しました。
◆2016/08/22
●基本情報を新規投稿しました。
◆2016/08/22
美容のためにホルモンを上手く利用しようの情報を更新しました。
◆2016/08/22
ホルモンのバランスが乱れると、体に数々の不調が表れるの情報を更新しました。
◆2016/08/22
サイトマップを新規投稿しました。